ソフト闇金悪質業者による被害の実例を紹介!

ソフト闇金悪質業者による被害の実例を紹介

ソフト闇金を利用したいけど、何かの被害にあうのも怖い」と悩む方は少なくありません。

事実、ソフト闇金から借入したけど、「トラブルにあった!」、「犯罪に巻き込まれてしまった!」と言ったお声が当社ソフト闇金ドッグへも届いております。

この記事では、そんな当社ソフト闇金ドッグへ寄せられた「利用者が実際にあったソフト闇金悪質業者による被害の実例」をご紹介しております。

また、記事最後の項目では、実際に被害にあうことの無い安全性の高いソフト闇金業者をご紹介しておりますので、是非最後までご覧になって下さい。

ソフト闇金悪質業者による被害の実例

ソフト闇金には、良い業者もあれば、嫌がらせや脅迫行為等を行う悪質業者も存在します。

そして、当社へも「被害を受けた経験がある」といったお声が届いております。

以下で、仮名Aさん、Bさん、Cさんが、実際に悪質なソフト闇金から受けた被害の実例をご紹介致します。

Aさんが受けた被害の実例

Aさんは、Twitterで見つけたとあるソフト闇金業者へ借入の申し込みをしました。

TwitterのDMにて、LINEで友達追加するように案内があり、登録して、LINEにて、申し込みに必要な名前、電話番号、住所、勤務先情報等の個人情報を業者宛に送りました。

しかし、その後、業者から連絡が来ることが無く、個人情報だけを抜き取られる被害にあったそうです。

こういった、個人情報だけを抜き取る悪質業者は珍しくなく、詐欺などに利用されるケースが相次いでいます。

Bさんが受けた被害の実例

Bさんは、あるソフト闇金業者から借入をしました。

しかし、金利が大きく、返済が出来ず、自宅住所と勤務先にソフト闇金の従業員の人が押し寄せてきました。

脅迫と暴力的な取り立てをされ、半ば強制的に返済せざるを得ない状況だったようです。

また、ドアを蹴られ、自宅住所の入り口ドアを壊されたそうです。

このように、返済が出来ず、悪質なソフト闇金から厳しい取り立ての被害を受ける人は珍しくありません。

Cさんが受けた被害の実例

Cさんが借入したソフト闇金では、銀行口座の売買が行われていました。

返済が滞っていたり、返済が出来そうにない人に対して、銀行口座売買の話を持ち掛ける悪質案業者は多く存在しています。

返済額を返さなくてよい代わりに銀行口座を渡すと言った具合です。

銀行口座の売買は、法律で禁止されており、売り手側は罪に問われます。

結果として、Cさんが借入したソフト闇金業者が摘発されました。

そのタイミングで、Cさんとソフト闇金が銀行口座の売買をした記録が見つかり、Cさんは、後日、罰金を支払う結果となりました。

被害が出ることの無いソフト闇金業者

利用しても被害が出ることの無いソフト闇金業者をご紹介致します。

ソフト闇金ドッグであれば、犯罪やトラブルに巻き込まれる心配はありません。

当社ソフト闇金ドッグでは、「個人情報の抜き取り」、「厳しい取り立て行為」、「銀行口座の売買」、いずれも行っておりません。
ソフト闇金を利用したいけど、何か被害にあう可能性を危惧されている方は、是非一度、安全なご利用が可能なソフト闇金ドッグへご相談下さい。

ソフト闇金ドッグ

Follow me!