ソフト闇金の個人業者について解説!

ソフト闇金には、個人間取引を行っている個人業者が存在していることはご存知でしょうか?

この記事では、そんなソフト闇金の個人業者について詳しく解説をしております。

まず、個人業者の実態について解説した上で、個人のソフト闇金から借入する場合は注意が必要な理由、そして、個人業者と法人業者どちらがおすすめなのかを解説しております。

記事最後の項目では、実際におすすめの業者をご紹介しておりますので、是非最後までご覧になって下さい。

ソフト闇金個人業者の実態

ソフト闇金には、個人間取引で貸付行為を行っている業者が存在します。

このような個人ソフト闇金業者は、主に、SNSで集客活動を行っており、その大多数が公式サイトを所持しておりません。

主に、SNS内で完結させるか、SNSからLINEへ誘導して貸付を行っているかの2パターンとなります。

SNSの中でも特に、個人業者が多く蔓延っているのが、Twitterです。

「#個人間融資」、「#個人融資」、「#お金貸します」と言った、ハッシュタグをつけている投稿が特徴的で、その投稿を見た借入希望者が、DMで連絡をしてくると言った流れです。

なお、貸付条件ですが、一般的なソフト闇金とほとんど変わりはなく、成人しており、返済能力がある人を対象としている場合がほとんどです。

そして、もちろん、身分証明書の画像の提出、場合によっては在籍確認や収入証明も必要となります。

個人のソフト闇金から借入する場合は注意が必要

個人のソフト闇金から借入する場合、注意が必要となります。

その理由ですが、返済が遅れたり、返済をしない人に対して、申し込み時に提出した身分証明書の画像をSNSの特性を活かして拡散する等の悪質な行為を行う業者が多く見受けられるからです。

さらに、このような犯罪行為を行っているにも関わらず、個人業者が摘発されることは少ないです。

なぜならば、SNSのアカウントを削除さえすれば、足取りが分からなくなる為です。

そして、新たにアカウントを開設して、名前を変え、同様の貸付行為行っている個人業者が後を絶ちません。

また、「ひととき融資」と言った女性をターゲットにしている個人業者も多く存在し、お金に困っている女性に対して、体で利息を支払わせると言った悪質な行為も横行しており、個人のソフト闇金から借入する際は、注意が必要です。

なお、Twitterでは、金融庁の公式アカウントが、このような個人業者に対して、注意喚起の投稿をしているのが確認できます。

ソフト闇金は個人業者と法人業者どちらがおすすめなのか?

ここまで、ソフト闇金個人業者の悪質性について解説してきましたが、結局のところ、個人業者と組織で運営されている法人業者どちらがおすすめなのでしょうか?

これについては、公式サイトを所持しており、利用規約や条件などを明記している法人業者の方が比較的安全でおすすめかと思われます。

もちろん、法人ソフト闇金においても悪質な業者は存在しますので、注意は必要です。

しかしながら、SNSにおけるアカウント開設が、手軽に行える為か、悪質な業者は、個人業者の方が圧倒的に数が多く、まだ法人業者の方が比較的安全でおすすめと言えるでしょう。

なお、当社ソフト闇金ドッグもまた、組織的に運営されている法人系のソフト闇金となります。

公式サイトに明記している条件で貸付を行っており、個人情報を拡散する等の悪質な行為も行っておりません。

お金に困っており、ソフト闇金の利用を考えているけど、個人業者と法人業者で悩んでいると言った方は、より安全性が高く、おすすめの法人業者であるソフト闇金ドッグへ一度ご相談下さい。

ソフト闇金ドッグ

Follow me!