家具リース金融はソフト闇金と同様に闇金の一種です!

家具リース金融について

家具リース金融をご存知でしょうか?

名前からは想像しにくいですが、実は、れっきとした闇金の一種です。

この記事では、そんな家具リース金融について詳しく解説しており、ソフト闇金との違い、どちらがおすすめなのかを解説しております。

是非最後までご覧になって下さい。

家具リース金融とは?

家具リース金融とは、家にある家具を買い取り、買い取った家具をそのまま使い続ける事が出来るよう、リース契約を結ばせて
法外なリース料金を請求する闇金の一種です。

利用者は、自身の所有する家具で資金調達することが出来ます。

そして、リース契約を結ぶことにより、家具を手放す必要がありません。

現在、家具リース金融は、ほとんど見かけることが無くなりました。

そもそも「リース」とは…
「リース」とは、中長期にわたり商品や資材を借りることを指します。
必要な設備等を借りて、毎月リース料金を支払う契約方法です。
一般的には、会社が事業の為にリース契約する場合が多いですが、個人向けのリース契約も存在します。

ソフト闇金と家具リース金融の違い

ソフト闇金も家具リース金融も同じ闇金の一種ではありますが、大きな違いがあります。

その違いとは、次の点です。

  • 集客方法
  • 対面不要か否か
  • 担保の有無
  • 完済できるか否か
  • 取り立て方法

なお、ソフト闇金と闇金の違いについては、以下の記事をご参照ください。

関連記事:ソフト闇金と闇金の違い

集客方法

ソフト闇金は、ウェブサイトで借入希望者を募ります。

対して、家具リース金融が流行っていた頃は、インターネットが現在ほど普及していませんでした。

その為、家具リース金融は、チラシやビラ等、より闇金に近いアナログな集客方法を行っておりました。

そして、チラシやビラは、電信柱や自動販売機等に貼られたり、ポストに投函されていました。

このように、ソフト闇金は、主にインターネットを介して集客しているのに対し、家具リース金融の場合は、オフラインでの集客となり、集客方法に違いが見受けられます。

対面不要か否か

ソフト闇金は、対面不要のキャッシングサービスです。

業者にもよりますが、取り立ても電話やLINEのみで、基本的には、実際に対面することはありません。

対して、家具リース金融は、申し込み後、業者の人が自宅に家具を確認する為に訪問してきます。

このように、家具リース金融は、対面しての資金調達方法となり、よりリスクが高いです。

担保の有無

ソフト闇金なら担保不要で借入出来ます。

対して、家具リース金融は、家具を担保に資金調達する方法となります。

リース料金を支払えなくなると、担保となる家具を差し押さえられる仕組みです。

完済できるか否か

ソフト闇金の場合、返済期日までに返済金額を支払えば、その時点で完済扱いとなります。

しかし、家具リース金融は、家具を使い続ける限り、毎月高いリース料金を支払わなければなりません。

取り立て方法

ソフト闇金の取り立ては、基本的には、電話やLINEで催促するのみです。

しかし、家具リース金融は、「リースしている家具を差し押さえる」等と脅す取り立て方法となります。

家具リース金融を利用する客層は、一般の金融機関を利用できないような人達となり、そういった人達には、新しい家具を購入する経済力はありません。

家具リース金融は、その弱みに付け込んで取り立てを行います。

無いと生活できない家具や家電をリース扱いにすることで、リース料金を支払わなければ、生活できないようにするのが家具リース金融の手口となります。

債務者達は、家具を手放すと生活できなくなる為、他社で借金があった場合でも、家具リース金融を優先してリース料金を支払うのです。

ソフト闇金と家具リース金融ならソフト闇金がおすすめ

現在、家具リース金融を見かける事はありませんが、もし現在も存続していたとしたら、圧倒的にソフト闇金の方がおすすめです。

先に解説したように、家具リース金融は対面してのやり取りとなる為、リスクがより高いです。

また、完済は出来ず、半永久的にリース料金を支払い続けなければなりません。

そして、リース料金の支払いが出来なくなれば、家具を差し押さえられ、生活自体が出来なくなります。

もし、どこかで家具リース金融を見つけて、利用を検討されている方がいましたら、契約するのを踏みとどまって下さい。

その際は、当社ソフト闇金ドッグがお力添え致します。

ソフト闇金ドッグ

Follow me!